健康と美容営業部

杉元産業株式会社ホーム > 健康と美容営業部
※商品一覧:クリックして詳細ページへ

マイナスイオン効果

マイナスイオン発生器「オーリラ」は、空気中に浮遊するウイルス・菌・ダニの死骸やフンなどのアレル物質を分解し不活性化!
現状の空気清浄機では解決できないものを、このマイナスイオン発生器ではすべて解決できる一品です。
除菌、脱臭、健康維持、消煙、鮮度保持、電磁波中和、リラクゼーション、ネズミ、ゴキブリ対策、豚コレラ対策、鳥インフルエンザ対策、ハウス栽培、その他・・・・・・・・

◆RSウイルスは、毎年冬に流行する「風邪」の原因となる一般的なウイルスの一つ。多くの場合、感染から4、5日後に38~39度程度の発熱、鼻水、せきなど通常の風邪の症状が出て、1~2週間で治る。
予防のためのワクチンはなく、感染後の効果的な治療薬もないため、感染したときは対症療法しかない。
このため、感染しないよう予防対策をしっかり行うことが大切だ。(産経新聞12101013)


オーリラは黄色ブドウ球菌・腸炎ビブリオ菌・サルモネラ菌・レジオネラ菌を始めとするウィルスのほとんどを30分から90分で不活性化し、ウィルス除去への抜群の効果を発揮します。
その他の特徴として、1つの穴から200万個/ccのマイナスイオンが発生し10個穴の場合は2000万個の同時発生します。しかも、60秒~90秒の生息時間を保つ為に広範囲に効果を発揮することが出来、瞬時にウイルス、臭い、浮遊物等を分解除去致します。

つまり、
オーリラはウイルス感染の予防に最適であるということ。
平成15年に中国各地でSARSが流行した際、マイナスイオン1号機100台を北京市内の史家胡同小学校に寄付しました。
その際、SARSの予防に絶大な効果を発揮しました。

「予防ワクチンがない」「効果的な治療薬がない」「6カ月未満では重症化しやすい」
そんなウイルスには、マスクや手洗いだけの予防から、空気そのものを洗うことでの予防へ!

~新型インフルエンザや花粉症対策に~
マスクが出来ない乳児は、どうやって新型インフルエンザ(豚インフルエンザ)の対策をしよう?
花粉症やノロウイルスも怖いし・・・とお考えのお母さんお父さんに最適!

黄色ブドウ球菌・腸炎ビブリオ菌・サルモネラ菌・レジオネラ菌
を始めとするウィルスのほとんどを30分から90分で不活性化します。
また、弊社のイオンメディックオーリラはインフルエンザウイルス・ノロウイルス等のその他ウイルスへの
抜群の効果を発揮します。

マエダ山田方式マイナスイオンがインフルエンザウイルスを99.9%除去することも証明されています!

PM2.5、黄砂・花粉に関しての効果

◆PM2.5に関しましては、超微粒子に色々な悪性の成分が付着し、含まれておりますが、PM2.5の主な原因である車の排気ガスに含まれるNOXなどは、オーリラによって90%を分解できます。(前・山形工業技術センター勤務:前田先生より)他の成分に対しましても同様90%ぐらいは分解できるとの事です。当社のオーリラの特徴として、空気中に含まれる水分に電子を保持させるため空気より重い電子{マイナスイオン}に変化させ、PM2.5などに含まれる成分を上記のように分解し、又微粒子をキャッチして下に落とす作用があります。ですので床は雑巾などで拭くことをお勧めいたします。

◆キャッチして床に落とした物質は、掃除機などで吸い取ることをお勧めしていますが、特にPM2.5等は掃除機のフィルターでさえ通る小さな微粒子ですので、モップや濡れタオルなどで拭き取ることをお勧めしています。

◆PM2.5・黄砂・花粉などは、空気中においてプラスチャージしている物質であり当社オーリラの電極間を通過すればすべて分解できますが、電極間を通過しない物質はH2O-が+に付着するためその間に分解します。

◆静電気レベルでの電極の構造を持っているため、分解の難しい物は、電子スパークで分解し、ウィルス等はその空間に存在できません。又、静電気レベルで+イオンを分解させるため人体に対しての影響はありません。

◆フィルターを使った空気清浄機と違い、オーリラから出るマイナスイオンはプラスチャージ物質を処理しますので、広範囲の処理能力の機能をもっています。


〇PM2.5とは
直径が2.5μm以下の超微粒子。微小粒子状物質という呼び方もある。大気汚染の原因物質とされている浮遊粒子状物質(SPM)は、環境基準として「大気中に浮遊する粒子状物質であってその粒径が 10μm以下のものをいう」と定められているが、それよりもはるかに小さい粒子。
PM2.5はぜんそくや気管支炎を引き起こす。それは大きな粒子より小さな粒子の方が気管を通過しやすく、肺胞など気道より奥に付着するため、人体への影響が大きいと考えられている。
代表的な微小粒子状物質であるディーゼル排気微粒子は、大部分が粒径0.1~0.3μmの範囲内にあり、発ガン性や気管支ぜんそく、花粉症などの健康影響との関連が懸念されている。

プラスイオンとマイナスイオン

我々が住んでいる世界は全て原子からできています。原子の中心には陽子(+)と中性子からなる原子核があり、そのまわりを電子(-)が回っています。この状態の原子は、プラスとマイナスのバランスがとれています。ところが、放射線・紫外線などのエネルギーが加わる事で、電子が外に飛び出し、原子のプラスとマイナスのバランスが崩れ、プラスの電気を帯びて「プラスイオン」になります。そして、飛び出した電子は他の原子にくっつき、その原子はマイナスの電気を帯びて「マイナスイオン」になります。

「マイナスイオン」の爽やかな空気が暮らしをより快適にします
自然の中で、特に滝やせせらぎの側の空気は清々しく感じます。「マイナスイオンは、空気中のビタミン」とも言われている大切な空気の源です。
さらに、オーリラはマイナスイオンの発生量、飛ばす距離、
そしてイオンの生息時間が業界トップクラスなのです。

除菌・脱臭効果

「オーリラ」から発生する強力なマイナスイオン効果に、自然界と同じレベルのオゾンが調和して空気を爽やかにし、人間に快適な環境を提供してくれます。また、タバコ臭やペット臭など気になる臭いも、同じく分解・除去し、爽やかな無垢の空気に再生します。

除菌効果は本当にあるのか?
「マイナスイオンオーリラ」を日本食品分析センターにてテストしていただきました
脱臭効果は本当にあるのか?
「マイナスイオンオーリラ」を商業施設に試験的に導入していただき、
その後どのような悪臭にどこような効果があったのか実験いたしました。

リラクゼーション効果

「イライラ」・「不眠症」などの体調不良は自立神経のバランスの乱れが原因です。プラスイオンが多いと交感神経が高ぶり緊張状態に。マイナスイオンを与えることで副交感神経を働かせ交感神経を抑制する作用があるので改善する効果がある。マイナスイオンが自立神経のバランスを安定させてくれるのです。

「生活習慣病」や「がん」の予防
私たちは、体内に取り込んだ酸素で食物をエネルギーに変えるとき必ず「活性酸素」を作っています。活性酸素無しでは、すぐに病原菌に感染してしまいます。しかし増えすぎると細胞から電子を奪って酸化させ「生活習慣病」や「ガン細胞」を発生させます。しかしマイナスイオンを取り込むことにより細胞のイオンバランスが安定し酸化を抑制、有害な活性酸素の働きを防ぐ事ができるのです。

電磁波の恐怖

日常にあふれる「電磁波」の恐怖と電磁波被爆による病気への影響
皆さんの生活に、現在では欠かせない電気製品。しかし、その電気製品のほとんどから「電磁波」は発生しています。電磁波とは、電気と磁気が振動し物質中を伝わって行くことです。この日常にあふれる電磁波がプラスイオンを発生させる原因になっています。ガン・皮膚ガン・白血病・脳腫瘍・異常出産・成人病、これらが2倍4倍と異常に増えている。
貴方はこの電磁波による恐怖をご存知でしたか?

導入事例

マイナスイオン発生器「オーリラ」は様々な場所で導入されています!
勉強や会議など集中する空間などがマイナスイオンで満たされていると効率がアップ!
心身ともに安定した状態が維持できます。赤ちゃんのいる空間やリラクゼーション施設及び学校等の環境が
マイナスイオンで満たされていると気持ちが和みます。

使用例

健康対策と受動喫煙対策にも最適

タバコの煙が一瞬で分解消滅、臭いも無くなります

オーリラ 製品案内動画

空気中に浮遊するウイルス・菌・ダニの死骸やフンなどのアレル物質を分解し不活性化!

受動喫煙対策にも有効!煙を分解する瞬間!

タバコの煙が一瞬で分解消滅、臭いも無くなりますので
受動喫煙対策としてもかなり有効です!

詳しい内容はこちら

悪臭対策導入例データ
某大手コーヒーチェーン店~喫煙コーナーの改善例~

私たちの日常は、電磁波に囲まれているといっても過言ではありません。

マイナスイオンの働きは、電磁波からも身体を守ってくれるものです。

電磁波を中和し快適な空間を作り出します。

オーリラ製品ラインナップ

GSD209N (適用面積20~30畳) GSD208 (適用面積50畳)
ジェットシーダー2001(業務用壁掛けタイプ)
(適用面積150畳)事務所所用 
※喫煙室導入実例もございます
GSD220A(業務用下置きタイプ、適用面積150畳)
オーリラを購入
※代引きをご希望の方は、お電話もしくはFAXでのご注文をお願い致します。
(電話番号:045-929-5911 / FAX番号:045-929-5977)